Topics

トピックス

京都経営者協会第69回北部部会での講演報告

去る7月5日、京都経営者協会第69回北部部会にて、当会御池メンタルサポートセンター課長、臨床心理士の水本正志が講演を行いました。

働く人たちの心理的な負担を把握して、メンタルヘルス不調を未然に防止することを目的として、改正労働安全衛生法(2014年6月公布9に基づき創設された「ストレスチェック制度」。2015年12月より、従業員50人以上の事業所を対象に義務付けられることとなり、実施から3年が経過しています。
今回のセミナーでは、ストレスチェック結果の活用や運用の改善、課題に対する見直しや、職場のメンタルヘルス不調者を出さないための予防の対策ポイントを中心に講義を行いました。


京都工場保健会 御池メンタルサポートセンター 水本 正志

 

意見・情報交換会では、自職場の取り組みや改善点について活発に意見が交わされました。(於:天橋立ホテル)

この度はストレスチェックの有効活用に関して弊会ストレスチェック事業における実情も交えながら情報提供させていただきました。また、情報交換会では各社におけるストレスチェックの活用について、また働きやすい職場づくりの工夫についてお伺いし、私からもいくらかアイデアをお伝えいたしました。参加者の方々は大変積極的に意見交流され、私自身が勉強させていただき大変有り難い機会となりました。
ストレスチェック制度実施から3年が経過し、多くの事業場では単なる義務としての取り組みに留まらず、集団分析結果を活用して職場環境改善の取り組みや健康経営の取り組みを積極的に推進しようとされています。誰もが働きやすい職場づくりの実現を目指し、専門職として研鑽を重ねながら今後も情報発信させていただきます。
(京都工場保健会 御池メンタルサポートセンター 水本 正志)