ホーム > 当会の歴史と伝統

当会の歴史と伝統

歴史

昭和16年5月に診療所を開設致しました。(京都府指令衛第826号)。民間初のレントゲン車を配備(民間では国内最初)年2回の巡回結核健診と採用時健診を開始し、その後昭和37年には成人病健診・昭和55年に前立腺超音波検診車を配備し、北海道での出張健診の実績があります。年を重ねる度に実施できる健康診断の幅も増大し、平成15年3月には厚生労働大臣の認可を受け、厚生労働省管轄法人となり、現在に至ります。

当時のレントゲン車
当時のレントゲン車 「京都工場保健会本部」 沿革へ
トップへ戻るトップへ戻る