このページの先頭

一般財団法人 京都工場保健会

ホーム >実績とお客様の声

実績とお客様の声

S社 京都事業場 様のご感想

従業員数 370名
業  種 プラスチックの成形加工技術等の研究・開発

産業医にきてもらうようになったきっかけをお教えください

京都工場保健会は、会員企業の共同保健組織による労働衛生機関として60年にわたり、地道に事業を推進してきた。その活動は地元企業の圧倒的な支持を得て、今や公益法人として全国レベルでの公益活動を目指すまでになった。保健会の活動趣旨とその崇高な使命感に敬意を表し、当社は健康診断(定期・特殊)から産業医までの全てを委託している。

産業医にきてもらうようになったきっかけをお教えください

・日頃より従業員のメンタル診断に携わっていただくとともに、厚生労働省の指針を受けて、メンタルヘルスにおける復職までのフローチャート・管理者マニュアル作成に監修を受けた。

・毎月の安全衛生委員会では健康に関するタイムリーな講話をいただき、当事業場ではこれを各職場の安全ミーティングで周知させ、従業員の健康増進に役立てている。
また、場内の巡視では、危険箇所はもとより採光状況から社員食堂のメニュ−まで、実に広範な労働安全衛生のアドバイスを受けている。

産業医にきてもらうようになったきっかけをお教えください

新型インフルエンザに対する従業員ならびに企業としての的確・迅速な対応をすべく、アドバイスが欲しい。

S社 京都事業場 様のご感想

従業員数 1054名
業  種 電気機械器具製造業

健康診断を委託するのをきっかけに、産業医も同じ医療機関にと思い、産業医も依頼した。

メンタル不調者、疾病休業者への定期的なフォローがより細かになった。メンタルヘルス管理者向け講習を産業医に行われるようになり、より事業所が抱える問題に即した講習ができるようになった。

現在の活動レベルを落とさないように協力していただく事。

S社 京都事業場 様のご感想

・喫煙の健康障害をテーマに安全衛生委員会で話題を提供、食堂の禁煙または分煙をすすめたところ、食堂が禁煙になった。

・復職支援:メンタルで休職していた社員が復職した。その後定期的に社員を面談、継続的に支援を行った。順調に回復、再発もなくもとのように働けるようになった。

・復職支援システムの導入:メンタルヘルス不調者の職場復帰支援のルール作りを進め、それまで一例ごとに多大な労力を割き、混乱していた復帰支援を効率よく進められるようになった。

・メンタルヘルスの教育を継続的に行っていたところ、上司や本人からの相談が来るようになり、専門医にすぐにつなげられるようになった。

・前任の産業医は安全衛生委員会出席と健康相談のみであったが、事業場に提案して毎月の職場巡視を行うようになり、就業配慮などについて職場の上司へのアドバイスができるようになった。

・職場巡視:有機溶剤の空き容器を放置しないように指導した。

・製造設備を分解して、素手でガソリンを使って洗浄していたので、作業性のよい手袋を探して使用するよう指導した。

・作業環境改善:有機溶剤を含む製品の取り出し作業の大部分を密閉・自動で行えるよう提案し、作業者の暴露を軽減した。


産業保健推進室