Security Policy

情報保護方針と健診情報の取扱いについて

情報保護方針と健診情報の取扱いについて

一般財団法人京都工場保健会(以下「当会」と言う)は、利用される皆さまの健康の維持と増進を図るために、健康管理事業・健康支援事業および教育啓発事業・診療事業・環境保健事業を進めています。

今後も事業を進めるにあたり、利用される皆さまお一人おひとりの情報を適切に保護・管理するために、「情報セキュリティポリシー」と「個人情保護方針」を定め、皆さまのこころと身体の健康づくりを支援いたします。

  1. 当会で業務に従事するすべての者は、個人情報をはじめとする全ての情報管理に関する法律・規範、諸規則および内部規定を遵守します。さらにISO27001:2013、JIS Q 15001に基づいた情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を確実に運用し、コンプライアンス・プログラムに沿って皆さまの個人情報を管理し、継続的な改善をはかっていきます。
    また、ISMSを適宜見直し、常に最新のISO27001認証を取得することによりその品質の維持向上に努めます。
  2. 当会では関係法令等に基づき、利用される皆さまの健康情報の管理及び維持を安全に行い、また、その情報をもとにより良いサービスを提供させていただくために、利用目的を明確にしたうえで利用される皆さまの健康診断に係る必要最小限の情報の収集と保存をおこなっております。
    利用される皆さまご自身が、自身に関わる個人情報の照会・提供等の利用制限を希望される場合は、お客様窓口にご連絡いただくことにより、適切に対応させていただきます。
  3. 当会は、利用される皆さまの個人情報に限らず事業部内における全ての情報を適正に取り扱うために、各部署に責任者を置き、職員ならびに関係者に継続的な教育をおこなっていきます。
  4. 当会は、利用される皆さまの個人情報に限らず事業部内における全ての情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざんおよび漏洩を防止し、安全で正確な情報管理に努めます。
  5. 当会では、一部の検査等を連携医療機関や外部検査機関等に委託する業務上の必要性から、利用される皆さまの個人情報をこれらの機関等に知らせる場合があります。
    その際は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)における規程に基づき、信頼度の高い施設・事業者等を選定するとともに、委託先と情報保護を含めた契約を締結することによって利用される皆さまの個人情報が適切に取り扱われるよう管理します。
  6. 上記の基本方針に関するお問合せは、下記までお願いいたします。
電話
075-802-0131 (平日 8:30〜16:30)
ファックス
075-802-0129 (24時間受付)

2017年6月1日
一般財団法人京都工場保健会
専務理事 田中 勝

個人情報の取扱いについて

一般財団法人京都工場保健会(以下、当会)は、ご受診者の個人情報を以下のように取扱います。下記の内容をご確認いただき、同意の上、受診お申込み等いただきますようお願い申し上げます。

1. 利用目的

  1. ご受診者へ適切な健康診断、保健・医療サービスの向上・実施に関する事務を行うため
  2. 受付(登録及び受診票・問診票・台帳等の作成事務)、健康診断結果報告等に係る管理運営業務を行うため
  3. 保険請求(医療保険・労災保険等)に関する事務を行うため
  4. ご受診者に係る管理運営業務を行うため
    (1)ご受診歴等の管理や、会計・請求に係る経理業務
    (2)安全確保、医療事故等への対応や未然防止等に関する分析報告
  5. 精密検査結果・がん追跡調査等の把握管理調査・分析
  6. インターネットを利用した健康増進支援
  7. ご利用者に対する健康診断等のご案内
  8. 上記の業務に付随する管理運営業務

2. 個人情報の第三者提供

ご受診者の個人情報は、あらかじめご受診者の同意をいただくことなく、外部に提供することはありません。
ただし、以下の利用目的に該当する場合は、ご受診者から特にお申し出がない限り、適切な健康診断・保健・医療のサービスを提供するための通常業務として必要な範囲において、ご受診者の個人情報を第三者に提供する場合があります。

1. 医療上の提供

  1. 他の医療機関、並びに保険者及び健康診断機関との連携を図る場合
  2. 外部の医師等に意見・助言を求める場合
  3. 他の医療機関からの照会に応じる場合
  4. 法令・行政からの要請、上部組織及び官庁等への統計情報の提供
  5. 事業者から委託を受けた健康診断の結果等の通知・説明
  6. ご受診者への医療の提供に際して、ご家族等への健康診断結果の説明
  7. 質の向上、安全確保、医療事故への対応や未然防止等のための第三者機関への報告
  8. 医師賠償責任保険等に係る保険会社への届出や医療に関する専門団体への相談
  9. 医師賠償責任保険等に係る保険会社への届出や医療に関する専門団体への相談

2. 業務委託

健康診断、保健・医療を提供するにあたり、業務の一部を外部に委託しています。
委託先に対しましては、契約等にて個人情報保護に関する監督を行っております。
又、定期的に委託先に関する管理状況を確認しております。
主な業務委託の内容は、予約業務・検査業務・医療事務関連業務・健康診断業務・清掃業務・情報システム管理・廃棄物処理等です。

3. 精度管理、研修・教育、監査

  1. 当会の実施している検査の精度が高く維持されているかを調べるために、当会内部での精度管理を実施するとともに、日本医師会や全国労働衛生団体連合会等、外部による客観的な精度管理を受けるため、健康診断等のデータの一部を使うことがあります。
  2. 当会職員の検査技術向上のため、健康診断等のデータの一部を使うことがあります。
  3. 個人情報の保護が適正に行われているかどうかを監査する際、健康診断等のデータの一部を見ることがあります。

4. 統計・分析・調査・研究

  1. 当会の実施する、健康問題に関する総合的な調査研究及び指導・啓蒙、並びに当会発行の機関誌等に「健康診断結果集計」を報告するため、当会が実施している健康診断等について、データの一部を使うことがあります。
  2. 大学その他の学術研究を目的とする機関もしくは団体またはそれらに属する者と、統計・分析・調査・研究を共同で行う場合に、健康診断等のデータの一部を使うことがあります。
  3. 上記いずれの場合も、ご受診者個人を識別する情報(氏名・住所等)はすべて削除した上で用いるため、個人情報は一切出る事はありません。これらの成果はご受診者の、健康増進・健康管理等に反映させていただいております。

5. サービス向上

当会の実施する、健康管理等に関する総合的サービス向上やご受診者を含む国民全体のメリットとして還元される医療のICT技術向上や治療効果・効率性等の大規模調査の為、健康診断等のデータの一部を使うことがあります。

6. 法的な義務の履行

当会が従わなければならない法的な義務の履行のために必要となった時、裁判所等公的機関から法令に基づく権限の行使によって開示請求された時は、健康診断等のデータの一部を使うことがあります。

7. 上記の業務に付随する管理運営業務

3. 受診者の権利

当会の管理する全ての個人情報については、ご本人による開示請求・訂正・削除・利用・停止等を求めることが可能です。
個人情報相談窓口までご相談ください。

上記の個人情報の取り扱いに関するお問合せは、以下の個人情報相談窓口までお願いいたします。

電話
075-802-0131(代表) 担当: 個人情報保護担当者
ファックス
075-802-0129

2017年6月1日
一般財団法人京都工場保健会
専務理事 田中 勝