このページの先頭

一般財団法人 京都工場保健会 ストレスチェック|メンタルヘルスサポート

予約専用電話番号 0120-59-0040

ホーム > メンタルヘルスサポートサービス > メンタルヘルス教育研修

サービスメニュー

メンタルヘルス教育研修

当会のメンタルヘルス教育研修は、ラインケア研修、セルフケア研修、職場ケア研修の3タイプを準備し、総合的なメンタルヘルス対策の推進を全力でサポートいたします。
以下はプログラム例です。研修内容はご要望に応じますので、お気軽にご相談ください。

プログラムの例
ラインケア研修 プログラム例1
対象 管理監督者
タイトル 職場のメンタルヘルス −管理監督者のための基礎知識−
目的 ●安全配慮義務、ラインケアなど、
 管理監督者として身に着けておくべき基礎知識を学ぶ
●メンタルヘルスに関する知識を学び、
 部下だけでなく自分自身のメンタルヘルスケアに役立てる
内容 ●メンタルヘルスを取り巻く近年の状況
●メンタルヘルス対策における管理監督者の役割
●ストレスとメンタルヘルスの基礎知識
●ラインケアの実際
●二次予防、三次予防対策について
備考 講義のみだけでなく体験型ワークやグループワークを盛り込み、より体験的、実践的な内容に構成
所要時間 120分
研修形式 講義+体験型ワーク
参加人数 10〜40名程度
講師 臨床心理士
料金 1回 100,000円(税抜)〜 +交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。
ラインケア研修 プログラム例2
対象 管理監督者
タイトル 職場のメンタルヘルス −事例検討を通して具体的対応法を学ぶ−
目的 ●安全配慮義務、ラインケアなど、管理監督者として身に着けて
 おくべき基礎知識を学ぶ
●メンタルヘルスに関する知識を学び、
 部下だけでなく自分自身のメンタルヘルスケアに役立てる
●事例検討を通してメンタルヘルス不調者への具体的対応法を学ぶ
内容 ●安全配慮義務、ラインケアの基礎知識
●メンタルヘルス事例検討(グループ討議)
●メンタルヘルス事例対応のポイント
●二次予防、三次予防対策について
備考 基礎的なラインケア研修を受講済であることが望ましい
所要時間 90〜120分
研修形式 講義+グループワーク
参加人数 10〜30名程度
講師 臨床心理士
料金 1回 100,000円(税抜)〜 +交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。
ラインケア研修 プログラム例3
対象 管理監督者
タイトル 職場のコミュニケーション
−働きやすい人間関係づくりのために−
目的 ●安全配慮義務、ラインケアなど、管理監督者として身に着けて
 おくべき基礎知識を学ぶ
●コミュニケーションの取り方について体験的に学び、
 職場における良好な人間関係づくりに活用する
●ポジティブフィードバックの効果を体験的に学び、
 部下のモチベーションマネジメントに活用する
内容 ●安全配慮義務、ラインケアの基礎知識
●コミュニケーションの基礎知識
●自分のコミュニケーションタイプをチェック
●コミュニケーション実習(グループワーク)
備考 基礎的なラインケア研修を受講済であることが望ましい
所要時間 90〜120分
研修形式 講義+グループワーク
参加人数 10〜30名程度
講師 臨床心理士
料金 1回 100,000円(税抜)〜 +交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。
セルフケア研修 プログラム例1
対象 全従業員
タイトル 職場のメンタルヘルス −セルフケアのための基礎知識−
目的 ●職場のメンタルヘルスの基礎的な知識を得る
●自身のストレスに気づき対処する
 上手く付き合う方法を知り、セルフケアに役立てる
内容 ●メンタルヘルスを取り巻く近年の状況
●ストレスとメンタルヘルスの基礎知識
●自身のストレスサインを知る
●ストレス対処法
●体験型セルフケアワーク
備考 体験型セルフケアワークはリラクセーション呼吸法やマインドフルネスエクササイズなど選択可能
所要時間 90〜120分
研修形式 講義+体験型ワーク
参加人数 30〜50名程度
講師 臨床心理士
料金 1回 100,000円(税抜)〜 +交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。
セルフケア研修 プログラム例2
対象 全従業員
タイトル 職場のメンタルヘルス −自分チェックでセルフケア−
目的 ●職場のメンタルヘルスの基礎的な知識を得る
●自身の性格傾向及びストレスサインを知り、
 ストレス対処法を学ぶ
内容 ●メンタルヘルスを取り巻く近年の状況
●ストレスとメンタルヘルスの基礎知識
●自分チェック
●自身の性格傾向とストレスとの関連
●ストレス対処法
備考 エゴグラム等、心理テストを用いて自分の傾向をチェック
所要時間 90〜120分
研修形式 講義+体験型ワーク
参加人数 30名程度
講師 臨床心理士
料金 1回 100,000円(税抜)〜 +交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。
セルフケア研修 プログラム例3
対象 全従業員
タイトル 職場のメンタルヘルス
−より良い働き方、より良い生き方を目指して−
目的 ●職場のメンタルヘルスの基礎的な知識を得る
●メンタルヘルスにおけるセルフケアの重要性を学ぶ
●グループワークを通して、
 セルフケアに関連する自分らしい働き方や生き方に気づく
内容 ●メンタルヘルスを取り巻く近年の状況
●ストレスとメンタルヘルスの基礎知識
●コミュニケーションワーク
●自分の大切なものに気づくワーク
備考 体験型ワークはポジティブ感情やポジティブなコミュニケーションに焦点をあてた内容
所要時間 90〜120分
研修形式 講義+体験型ワーク
参加人数 30名程度
講師 臨床心理士
料金 1回 100,000円(税抜)〜 +交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。
ストレスチェック事前研修 プログラム例1
対象 管理監督者
タイトル ストレスチェック事前研修
−効果的なメンタルヘルス・ラインケアとストレスチェックの実施のために−
目的 ●ストレスチェックの実施にあたって管理監督者として理解して
 おくべき知識を得る
●ストレスとメンタルヘルス及びラインケアについて
 正しく理解する
内容 ●ストレスとメンタルヘルスの基礎知識
●ラインケアの実際
●労働安全衛生法のポイント
●ストレスチェックの目的及び方法
●ストレスチェックの実施体制
●個人情報の取り扱い
●高ストレス判定者のフォローについて
●職場環境改善の意義とポイント
備考 講義のみだけでなく体験型ワークやグループワークを盛り込み、より体験的、実践的な内容で構成
※ストレスチェック実施体制を整えたうえで、
 その周知を兼ねた実施が望ましい
所要時間 90〜120分
研修形式 講義+体験型ワーク
参加人数 30名程度
講師 臨床心理士
料金 1回 100,000円(税抜)〜 +交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。
ストレスチェック事前研修 プログラム例2
対象 全従業員
タイトル ストレスチェック事前研修
−メンタルヘルス・セルフケアとストレスチェック制度−
目的 ●ストレスチェックを安心して受検できるよう、
 また、チェック結果をセルフケアに活かすことができるよう、
 ストレスチェック制度について知る
●ストレスとメンタルヘルスについて正しく理解する
内容 ●ストレスとメンタルヘルスの基礎知識
●セルフケアの実際
●労働安全衛生法のポイント
●ストレスチェックの目的及び方法
●ストレスチェックの実施体制
●個人情報の取り扱い
備考 講義のみだけでなく体験型ワークやグループワークを盛り込み、
より体験的、実践的な内容に構成
※ストレスチェック実施体制を整えたうえで、
 その周知を兼ねた実施が望ましい
所要時間 90〜120分
研修形式 講義+体験型ワーク
参加人数 30名程度
講師 臨床心理士
料金 1回 100,000円(税抜)〜 +交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。
ストレスチェック集団分析結果説明会
タイトル ストレスチェック集団分析結果説明会
−調査結果を職場ケアに活用する−
目的 ●ストレスチェック集団分析結果の読み方を学ぶ
●データから各自の職場の強み、課題を理解する
内容 ●ストレスチェック集団分析結果の読み方解説
●職場ケアの目のつけ所解説
●質疑応答
備考 参加者は全職場の結果を閲覧する権限のある方
所要時間 60〜90分
研修形式 講義
参加人数 30名程度
講師 臨床心理士
料金 1回 100,000円(税抜)〜 +交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。
職場ケア  プログラム1
対象 職場単位の従業員
タイトル 参加型職場環境改善活動「職場ドック」
目的 ●職場ケアの意義について学ぶ
●職場ケアの目のつけ所を学ぶ
●グループワークを通じて、職場ケアのヒントを得る
●各職場の効果的な取り組みを知り、組織的な水平展開を目指す
内容 1.職場ケアアドバイザー活動
●取り組み計画策定支援
 (1〜2回)
 「職場ドック」の進め方、ガイドライン策定、
 「職場ドック」推進に当たっての資料提供等
●ワークショップの準備支援(1〜2回)
 「職場ドック」マニュアルのカスタマイズ、職場チェック
 リスト、改善計画シート、実施報告シートの作成支援
●成果発表会、良好事例集作成など水平展開への支援(1回)
 成果発表会および良好事例集の作成支援、良好事例の選定および
 コメント作成支援
●取り組み総括、次年度の取り組み計画策定支援(1回)

2.ワークショップ
●職場ケアの目のつけ所解説
●自職場の強み、課題をチェック
●グループワーク
●グループワークの結果発表
備考 ●「職場ケアアドバイザー活動」と「職場ドックワークショップ」
 のセットプラン
●年間を通して職場ケアアドバイザーが取り組み支援
●各職場単位で実施し、働きやすい職場づくりに向けた
 アクションプランを具体的に検討する
●管理職を除く職場の構成員によるボトムアップ方式の職場ケア
所要時間 職場ドックワークショップ:90〜120分
所属長面談 :ワークショップ前60分、ワークショップ後30分
※職場ケアアドバイザー活動は1回2時間程度
研修形式 講義 + グループワーク
参加人数 10〜20名程度
講師 臨床心理士
料金 ●職場ケアアドバイザー活動
 年間 訪問5回:1回2時間程度 200,000円(税抜)
●職場ドックワークショップ
1回 100,000円(税抜)〜 + 交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40Km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。
職場ケア  プログラム2
対象 管理監督者
タイトル 職場ケア管理職研修会 −働きやすい職場づくり−
目的 ●職場ケアの意義を学ぶ
●自職場の強み、課題をチェックして、職場ケアの目のつけ所に
 ついて学ぶ
●グループワークを通じて、職場ケアのヒントを得る
●各職場の効果的な取り組みを知り、組織的な水平展開を目指す
内容 ●職場ケアの目のつけ所解説
●自職場の強み、課題をチェック
●グループワーク
●グループワークの結果発表
備考 管理監督者が職場ケアのグループワークを体験することにより、
働きやすい職場づくりの理解を深め、参加型職場改善活動「職場ドック」(職場ケア研修 プログラム例1)へつなげる
所要時間 120分
研修形式 講義 + グループワーク
参加人数 20名程度
講師 臨床心理士
料金 1回 100,000円(税抜)〜 +交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。
職場ケア  プログラム3
対象 管理監督者
タイトル 職場活性化面談
目的 ●職場ケアの意義及び、
 個々の管理監督者や職場に応じた職場ケアの進め方を学ぶ
●各職場で発生しているメンタルヘルス不調者に対する
 個別対応法について学ぶ
内容 ●職場ケアに関するアドバイス
●職場のメンタルヘルス不調者への具体的な支援方法のレクチャー
●管理監督者の個別相談対応
備考 カウンセラー派遣による社内面談の形式が望ましい
面談時間 1回1所属(1〜3名)60分
※面談時間45分に記録時間15分を含む
カウンセラー 臨床心理士
料金 半日(3時間:3所属) 100,000円(税抜)+交通費実費分
※当会 御池メンタルサポートセンターより40Km以上の地域は別途出張料をご請求申し上げます。

御池保健センター