このページの先頭

一般財団法人 京都工場保健会 ストレスチェック|メンタルヘルスサポート

予約専用電話番号 0120-59-0040

ホーム > メンタルヘルス対策Q&A

メンタルヘルス対策Q&A

なぜメンタルヘルス対策が必要なのでしょうか?
厚生労働省の調査では働く人の6割近くが強いストレスを感じています。うつ病や自殺も増加傾向にあり、メンタル不全の予防は、企業の安全配慮義務の一環として不可欠なものになっています。
また、メンタル不調者への対応によって、上司や衛生管理者、現場の従業員の負担が増大すると、メンタル不調による負の連鎖が起きる危険性があります。
導入はいずれ考えているが…今は人手も経営も厳しい!
メンタルヘルス対応の遅れは、組織内のミスや事故、コンプライアンス問題から起こりうる組織のリスクを考えると、職場や社会に莫大な被害を与える可能性があります。
事業場内に人手が足りない場合にこそ、外部専門機関に委託するメリットがあります。相談窓口の開設や、担当者研修の実施など、事業場の優先順位や予算を考えたサポートプランをご提案いたします。
早急な対応が必要な場合もあります。まずは当会へご相談ください。
個人のプライバシーに職場が踏み込むのは抵抗がある
個人のプライバシーへの配慮から、従業員に対する対応を躊躇する場合も多いでしょう。しかし、労働安全衛生法上、こころの問題を含む作業関連疾患の管理が義務付けられており、問題の放置は安全配慮義務違反となる可能性もあります。問題に対するルール作りや、対応手順の構築、できることとできないことの明確化など、対応する側される側双方を守るための体制作りが必要です。必要な配慮、事例に応じた対応など、随時ご相談をお受けいたします。
個別の事例相談はできますか?
もちろん可能です。休職中の従業員への対応や、職場復帰のタイミング、復職後のフォローアップなど、スポットの事例相談もお受けいたします。
『こころの健康相談』で従業員が相談した内容を職場へ教えてもらうことはできますか?
相談スタッフ、カウンセラーが面談上知り得た相談者及び関係者の個人情報、相談内容については守秘義務を遵守いたします。ただし、問題を解決するために就業上の配慮が必要だと判断した際には、相談者自身の承諾を得た上で、職場や産業医、上司に対して情報を開示、どのような配慮が必要であるかといったコンサルテーションを行います。

御池保健センター