一般財団法人 京都工場保健会 衛生検査所

  • お電話でのお問い合わせ075-823-2591
  • お問い合わせフォーム

事業紹介

労働衛生検査とは

当検査所は産業医学に特化した労働衛生検査を専門としています。

労働衛生検査とは作業者の有害物曝露状況を把握するための検査です。労働衛生検査項目は作業者が取り扱う有害物質の種類によって異なります。検査項目の中には労働安全衛生法で検査が義務付けられているものや、有害物の曝露状況を管理するため、事業者が任意で検査を行うものがあります。
尿や血液等を検査試料としており、試料中の有害物質または有害物質の代謝物濃度を測定することで、作業者がどの程度有害物質に曝露されたかを把握することができます。
この手法を生物学的モニタリングといいます。

  • 「有害物質」仕事中に発生した有害物質は、作業員の体内に取り込まれます。
  • 「作業員」体内に取り込まれた有害物質は代謝されて尿中に排泄されたり、血液中に溶け込んだりしています。
  • 「労働衛生検査」尿中や血液中の有害物質や代謝物の濃度を検査します。

なお、生物学的モニタリングは、作業者が健康かどうかを直接評価するものではなく、尿、血液などに含まれる有害物質の代謝物等の濃度を分析し、その値によって曝露量の程度を評価することです。
この手法を用いることで、有害物質に起因する作業者の健康障害の予防に貢献できます。
当検査所で受託可能な検査は、「検査案内」をご覧下さい。

一方、作業場における有害物質の気中濃度を知るための測定を作業環境測定といいます。
良好な職場環境の形成には、労働衛生検査および作業環境測定の結果を総合的に捉え活用していくことが重要です。作業環境測定についてはこちら「環境保健部」

主な検査について

インジウムについて
主な有害性 【インジウム化合物】
発がん性:リン化インジウムは国際がん研究機関(IARC)の区分2A(ヒトに対しておそらく発がん性がある)、インジウム・スズ酸化物はラットを使った2年間の試験で発がん性が認められた。
吸入による肺の重篤な障害:ヒトの間質性肺炎等(死亡例あり)
用 途 例 薄型ディスプレイ等の透明電極材料、化合物半導体
コバルトについて
主な有害性 【コバルト及びその無機化合物】
発がん性:コバルトと炭化タングステンとの合金はIARC区分2A(ヒトに対しておそらく発がん性がある)、その他金属コバルト及びコバルト化合物はIARC区分2B(ヒトに対する発がん性が疑われる)
皮膚感作性:アレルギー性接触皮膚炎
呼吸器感作性:気管支ぜんそく等
吸入による肺の重篤な障害:間質性肺炎、肺機能異常等
用 途 例 磁性材料、特殊鋼、超硬工具、触媒、陶磁器の顔料、リチウムイオン2次電池の電極
エチルベンゼンについて
主な有害性 【エチルベンゼン】
発がん性:国際がん研究機関(IARC)の区分 2B(ヒトに対して発がん性が疑われる)
生殖毒性:動物試験で胎児への影響が示されている
その他:中枢神経系への影響、気道刺激性等
用 途 例 スチレン単量体の中間原料、有機合成、溶剤、希釈剤

国際がん研究機関(IARC):国連の世界保健機関(WHO)の外部組織

  • お電話でのお問い合わせ075-823-2591
  • お問い合わせフォーム