一般財団法人 京都工場保健会 衛生検査所

  • お電話でのお問い合わせ075-823-2591
  • お問い合わせフォーム

コバルト

尿中コバルト検査のご案内

コバルトについて
主な有害性 【コバルト及びその無機化合物】
発がん性:コバルトと炭化タングステンとの合金はIARC区分2A(ヒトに対しておそらく発がん性がある)、その他金属コバルト及びコバルト化合物はIARC区分2B(ヒトに対する発がん性が疑われる)
皮膚感作性:アレルギー性接触皮膚炎
呼吸器感作性:気管支ぜんそく等
吸入による肺の重篤な障害:間質性肺炎、肺機能異常等
用 途 例 磁性材料、特殊鋼、超硬工具、触媒、陶磁器の顔料、リチウムイオン2次電池の電極
採  血 ■ 検査に必要な尿の量は、再検査が可能な1.0mL以上です。 ■ 採尿容器は清浄なスピッツ(酸洗浄)を使用してください。 ■ 検体は、冷蔵(4〜10℃)にて保存してください。
検体依頼 当検査所では大手臨床検査センターと連携し尿中コバルト検査に係る尿検体の搬送作業を行っています。
お問い合わせいただきましたら、専門のスタッフからご連絡差し上げます。 その他、当検査所に直接の検査依頼も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

その他の依頼方法につきましては、直接お問い合わせください。
ご不明な点がありましたら、お手数お掛け致しますが下記までお問合せください。

お電話によるお問い合わせは TEL:075-823-2591

尿中コバルト検査依頼書ダウンロード

  • お電話でのお問い合わせ075-823-2591
  • お問い合わせフォーム