このページの先頭

一般財団法人京都工場保健会

トップ > 京都工場保健会からのお知らせ

京都工場保健会からのお知らせ

『産業ストレス研究』に弊会臨床心理士が執筆した記事が掲載されました
2017/01/17

日本産業ストレス学会 学会誌『産業ストレス研究』23巻4号

 

シンポジウム(2) 「職場のメンタルヘルスの第一次予防:職場が元気になる効果的アプローチ
「人間性心理学の立場からうつ状態を考える:日常生活におけるフォーカシング的態度を中心に」
永野 浩二 著 pp.289-296
永野先生abstract.png

【抄録】人間性心理学的な立場では,「うつ状態」を「良い」「悪い」と単純にはみなさない。「予防した方がよいもの」とも決めつけない。うつ状態は,個別性のあるプロセスである。部分としては困ったことでも,全体的にはある機能を果たしている正常な反応と考えられる。そこに安全な形で関わり続けることで,しばしば創造的な生成過程が生じる。創造的なプロセスが生じるために,近年,「日常生活におけるフォーカシング的態度」(福盛・森川, 2003)と呼ばれるある心理的な構えが注目されている。ここ10年来の「フォーカシング的態度」研究から示唆されていることは,以下の点である。(1)この態度を持つ人たちは,質問紙における抑うつ状態や不安,身体症状などのネガティブな反応得点が低い。(2)また,幸福感や自己実現的態度,レジリエンス,モチベーションなどのポジティブな反応得点が高いという特徴を持つ。(3)生き生きとした状態とは,単なるポジティブな感情を感じている状態を指すのではない。ポジティブな状態,ネガティブな状態双方に開かれ,そこに関心を向け,一時的にうつ状態や心身の不調を体験しつつも,そこから意味を汲み取って変化していく状態と考えられる。

 

 

シンポジウム(4)「ストレスチェック制度の効果的活用を考える」
「外部機関の立場より:集団分析結果を活用した職場環境改善の取り組みについて」
水本 正志 著 pp.325-331
水本さんabstract.jpg

【抄録】 2015年12月からストレスチェック制度が施行された。筆者は生産性向上まで包括した一次予防を主目的とする本制度において,現時点では努力義務として位置づけられている集団分析結果の活用が,その目的を達成するための鍵になるのではないかと考えている。
    筆者が所属している機関では,「職場ケア」という新しい用語を造り,働きやすい職場づくりを推進しようと試みている。本シンポジウムでは職場ケア・プログラムとして当会内で位置づけている,(1)集団分析結果を活用した管理職研修会「職場ケア管理職研修会」,(2)集団分析結果を活用した管理職面談「職場活性化面談」,(3)参加型職場環境改善活動「職場ドック」の特徴について紹介するとともに,職場ケア・プログラムを実際に活用しながら一次予防の取り組みを積極的に展開しているある事業場の事例を紹介した。

 

新しい検診車を整備いたしました
2016/12/05

当車両は、一般財団法人 日本宝くじ協会の公益事業に対する補助金により整備いたしました。

 

婦人科検診台一式を搭載した最新の婦人科検診車で、その機動力を活かした巡回による「子宮頚がん検診」を実施。

巡回健診や家族健診の際に同時にご受診頂くことで、働く女性や主婦の皆様の「子宮頸がん検診」受診率向上を図ります。

 

 

今回の車両デザインは京都精華大学学生の皆様から公募を募り、最優秀賞に輝いた作品を採用させて頂きました。

 

3.jpgのサムネール画像

年末年始休業のお知らせ
2016/12/03

当会では年末年始の下記期間を休業日とさせていただきます。

期間中はお電話での対応も致しかねますのでご了承ください。

 

年末年始の休業日

2016年12月29日(木)から2017年1月5日(木)まで

 

2017年1月6日(金)より通常業務を開始いたします。

休診日のご案内(平成28年12月13日(火))
2016/11/29

当会では、12月13日(火)を創立記念日のため休診とさせて頂きます。 

お電話でのご対応も致しかねますのでご了承ください。

 

12月14日(水) 8:30から通常業務を開始致します。

今年度も胸部エックス線画像の審査結果にて評価Aを取得しました。
2016/11/25

今年度も、全国労働衛生団体連合会(全衛連)での精度管理調査において胸部エックス線画像検査分野で評価Aを取得しました。

 今後もさらなる画質向上に向けて技師一同努力いたします

 

本部.jpgのサムネール画像 宇治.jpgのサムネール画像 神戸.jpgのサムネール画像

ストレスチェック集団解析結果レポート「解析結果コメント」サービス
2016/11/01
 
ストレスチェック集団解析結果活用サービス「解析結果コメント」
 

各グループの集団解析結果票「グループ別プロフィール」に、「解析結果コメント」と「読み方解説資料」を新規開発いたしました。
総合コメント、職場の強みと課題、改善アクションプランをご一読いただくだけで、各グループの状況把握を容易にし、それに応じた対策を検討いただけるようになりました。
「働きやすい職場づくり」を目指し、ぜひご活用ください。

ブログ用画像1.jpg

ブログ用画像2.jpg
「健康経営」宣言!
2016/10/28

職員の健康増進の取組として、「健康経営宣言」コンテンツをホームページに追加しました。

 

ホームページ下部のリンクまたはこちらからご覧いただけます。

「労働の科学」に弊会臨床心理士が執筆した記事が掲載されました。
2016/10/24

「労働の科学」71巻7号 pp.26-31

特集:これでできる「職場ドック」――広がる実践と活動のポイント

「職場検討会・グループワークの持ち方と意義」
   山根 英之, 水本 正志, 内田 陽之, 岩佐 浩                        

労働の科学(表紙)2.jpg

労働の科学(内面)2.jpg

ご購入は「公益財団法人大原記念労働科学研究所」まで
Tel:03-6447-1435(直通) Fax:03-6447-1436
インターネットでのご購入 → ご注文用フォーム
バックナンバー(各号目次)はこちらをクリック → 労働の科学

ストレスチェック57集団解析結果レポート読み方解説DVD&臨床心理士によるアシストサービス開始
2016/10/20
京都工場保健会は「働きやすい職場づくり」を応援するため
集団解析結果活用サービスを開始しました!
 

1.ストレスチェック57集団解析結果レポート読み方解説DVD作成!

       

 「集団解析結果レポートを活用したいが、専門家でないため結果の見方が分からない・・・」そんな事業場様をサポートするため、ストレスチェック57 集団解析結果レポートの読み方解説DVD※1)を作成いたしました。

 解説映像を見ながら結果を読み解くことで、組織についての理解をより深めることができ、また、「働きやすい職場づくり」のための具体的取り組みを検討いただけるようになりました。 

   DVD画像1.png
※1)有料。料金は弊会まで
       お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.臨床心理士による集団解析結果読み方解説サービス(アシストサービス)開始!


 グループ別集団解析をご依頼いただいた事業場様を対象に、臨床心理士が無料※1)で訪問し、 集団解析結果の読み方を解説いたします。※2)
 産業領域での活動経験豊富な臨床心理士が実際の集団解析結果を活用しながら解説させていただくことで、より一層職場環境改善に有効活用いただけるようになりました。

assist.JPG

  ※1) 2回目以降は有料
  ※2) 1回1時間程度、ご参加人数は最大5名程度を想定 

 

 

 

 

診察室・検査室をリニューアルしました。
2016/08/31

ご来会いただいた皆さまに快適な時間を過ごしていただけるように

本部 2階 28番診察室と生理機能検査室をリニューアルしました。

このリニューアルで28番診察室前の待合が広く明るくなりました。

28kaisou2.jpg

28kaisou3.jpg

28kaisou1.jpg

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
clear
  • 法人案内
  • 事業概要
  • 情報開示
  • 採用情報
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
セキュリティポリシー | 個人情報保護ポリシー | 情報保護方針と健診情報の取扱いについて | あんぜんプロジェクト | 健康経営宣言

このホームページは一般財団法人京都工場保健会が、所有・管理しており著作権法で保護されております。個人的利用以外の目的での複製・利用を禁じます。
また、正確な内容を掲載するよう細心の注意をはらっておりますが、必ずしもその内容に信頼性が保証されているものではなく、一切責任を負うものではありません。あらかじめご了承ください。