このページの先頭

一般財団法人京都工場保健会

トップ > 京都工場保健会からのお知らせ

京都工場保健会からのお知らせ

『健康経営優良法人2018 ホワイト500』に認定されました
2018/02/21

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

 

2018年度の認定法人として大規模法人部門(ホワイト500)541法人、中小規模法人部門775法人が認定されました。

 

経済産業省HP

日本健康会議HP

 

(当会職員の健康に関する具体的な取組)

1.    休職後の職場復帰、就業と治療の両立

就業と治療の両立支援制度や体制の整備、相談窓口の設置などを行い2018年度から運用することとしています。

 

2.    メンタルヘルス不調等のストレス関連疾患の発生予防

職場ケア研修、ラインケア研修、ハラスメント防止研修の継続した実施により、コミュニケーションの活性化を図っています。仕事のストレス判定図を参考にした職場健康リスクの改善をストレスチェックにて確認し参加型職場環境改善を2部署選定して実施しました。

 

3.    生活習慣病などの疾病の高リスク者に対する重症化予防

産業保健スタッフによる対象者個人への精密検査の受診勧奨、生活習慣改善などの保健指導を実施し、未受診者には上長からの受診勧奨を行っています。2017年度は精密検査受診率100%、特定保健指導利用率100%を目標としています。

 

 

私たちは、職員のワーク・ライフバランスが実現してこそ、より良い保健医療及び環境保健サービスを提供することが可能になり、社会貢献につながると考えます。今後も経営戦略として職員の健康の保持増進に積極的に取り組んでまいります。

 

健康経営優良法人500_2018_大規模1.jpg

clear
  • 法人案内
  • 事業概要
  • 情報開示
  • 採用情報
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
セキュリティポリシー | 個人情報保護ポリシー | 情報保護方針と健診情報の取扱いについて | あんぜんプロジェクト | 健康経営宣言

このホームページは一般財団法人京都工場保健会が、所有・管理しており著作権法で保護されております。個人的利用以外の目的での複製・利用を禁じます。
また、正確な内容を掲載するよう細心の注意をはらっておりますが、必ずしもその内容に信頼性が保証されているものではなく、一切責任を負うものではありません。あらかじめご了承ください。